FC2ブログ

皆様ご無沙汰しております。今後の当ブログの活用方法について

ご無沙汰しております。当ブログについてアドバイスや応援の声を本当にありがとうございます。

しばらくブログの更新を休止している間に、色々な皇室報道がありました。
その全てを追うことは難しいですが、秋篠宮家への逆風が予想以上に急激に強くなっていることもひしひしと感じています。
でもそうこうしているうちに、秋篠宮様が皇嗣になってしまう時も刻一刻と近付いており、焦りを覚えます。
本当にどうしたらよいものか…。

そのような中で、当ブログを今後どのように活用しようか考えている最中です。
元々は「秋篠宮様に批判的な過去の雑誌記事を原則として全文引用する」というコンセプトで始めさせていただいたものなので、ここ最近出た記事を中心に、情報整理の意味合いを込めて、記事全文の保管庫のような形で使おうかと考えております。もちろん、まだご紹介できていない少し昔の記事も折に触れてまとめていきたいです。

私自身のコメントや見解はまだ載せられないかもしれませんが、せめて記事全文の情報整理庫のように活用できれば嬉しいです。
もう少し色々考えてみたいです。

皆様にお知らせ―今後のブログ更新について。

平素は当ブログをお読みいただきまして誠にありがとうございます。
本日、皆様にお伝えしたいことがございます。

当ブログは元々更新頻度があまり高い方ではありませんでしたが、最近はある事情により更に更新の手が止まってしまっております。その理由をご説明したいと思います。

近頃、Youtubeに、いくつかの皇室関連チャンネルが挙げられているようですね。
私もたまにそれらを見ることがあるのですが、ちょっと気分がモヤモヤする事実に遭遇しました。
それは、一部の皇室チャンネルが、当ブログの記事の文章を引用元も明らかにせずにそのまま丸パクリ(コピペ)した動画を作り、更にそれで広告収入を得ている?という事実です。


実はもう少し早い段階で、当ブログの文章が一部の皇室チャンネル動画で引用されているという事実には気付いていました。しかし、その当時は「秋篠宮家や平成皇室の実態をできるだけ多くの人々に知ってほしい」という気持ちを優先し、Youtubeの動画でそういう事実が更に拡散されるなら構わないだろうという気持ちでしたし、最初の頃は当ブログからの引用ということを動画の最後にきちんと明示してくれていたように思うので静観することにしました。更に言えば、「多かれ少なかれ当ブログの見解に共感してくれたからこそ、この動画作成者は引用してくれたのだろう」という“同志”のような思いが生まれたという事実も否定できませんでした。

ところが、その後どんどん動画の数が増えていき、当ブログの文章を引用元も示さずそのまま流すものが目に付くようになりました。動画の最初や途中に広告が入るので、もしかしたら動画作成者はそれで収入を得ているのかもしれません。
さすがにこれはいかがかと感じるようになりました。


そういう皇室関連チャンネルは、当ブログだけでなくほかのブログなどからも文章をそのままパクッているのではないでしょうか?せめて「引用元:〇〇ブログ」と動画の最後に添えてくれるだけでも印象が違ったのですが、それすらもない動画が増えてきて非常に残念な気持ちです。

当ブログに「無断転載を禁ず」という注意書きが無いからパクってもいいと思ったのでしょうか?いやいや、そういう注意書きがなくても、他人が書いた文章をそのまま引用するなら、引用元を示すのが筋だと思います。これは当ブログに限った問題ではありません。

当ブログは、過去の雑誌記事やニュースを原則として全文引用する形でご紹介し、秋篠宮家の実態を表に出していくというコンセプトで開設しました。ブログを書くに当たって気を付けたことは

「記事の引用元は必ず明らかにする」
「出所の不明な情報は最初から書かないか、“〇〇という見方もできる”とか“こういう噂もあるが真偽は定かでない”という書き方をして断定しないようにする」
「批判対象の皇族にも敬称を忘れず、丁寧な文章を心がける」
「皇室問題を初めて知るような人々を念頭に置いて基本的なことも分かりやすく解説する」


ということでした。
そして雑誌・ニュース記事をブログに書く際、手打ちで記事全文を入力し、更にそこに検証を加え、関連する情報も同時に載せるという手順を踏んでおり、労力がかかることも多かったですが、「秋篠宮家の実態を多くの人に知ってほしい」という一心で前向きになれました。しかしとても連日頻繁にアップできるようなブログにはならず、そのため更新頻度も遅くなり、ブログをご覧の皆様には様々なご不便をおかけして申し訳ないと思ってきました。

ところが、ここ最近の一部の皇室関連動画が、そういう労力を割いて書いたブログ(当ブログに限らずほかの皇室ブログも同じだと思います)の文章をそのまま丸パクリ(コピペ)して動画を作成し、それで広告収入を得ようとしている実態を目の当たりにし、ちょっとやり切れない思いになりました。
当ブログはあくまでも「一人でも多くの人に秋篠宮家の実態を知ってほしい」という思いで始めたものであり、一部のYoutuberたちを利するために始めたものではありません。
更に言えば、そういう動画の方がまるで「オリジナル」かのように拡散されていく様子を見ていて虚しさを覚えました。
なお、私はこれらYoutuberの人々とは何も関わりがありませんし、誰が動画を作成しているのかも全く存じません。

せめて一言動画の最後(あるいは冒頭)に、「引用元:〇〇」と添えてくれるだけでよいのです。それだけしてくれれば、後は動画で収入を得ようと何しようと何も言いません(そこはもう個々人の良心・良識の問題になってしまうので。個々人が己を省みなければどうしようもないですから)。

上記のような事情から、しばらく当ブログの更新を休止させていただくか、あるいは更新頻度を今より更に大幅に減らすか、どちらかの対処を取らせて頂きたいという心境になりました。ブログにアップしたい記事は色々抱えており、既に手打ち入力を済ませている記事も複数保管してあるのですが、やむを得ずこのような措置を取らせていただくことに決めました。
このままでは秋篠宮様が皇嗣になってしまうという危機が目の前に迫り、当ブログをこのまま続けたいという思いは今でも強いのですが、しかし一方で安易な無断転載で広告収入を得ようとする人たちが今後も安易に利を得てしまう状況を作るわけにはいかないという気持ちの狭間で悩んだ末の、苦渋の決断でした。


Youtube等に挙がっている皇室関連動画が引用元を改めて入れ直したものに全て修正されるなど、何らかの改善が見られた場合は当ブログを再開したいと思いますが、動画作成者たちの良心・良識に関わる問題ですので、いつになるか分かりません。たとえ再開するにしても、どういうやり方にするか試行錯誤になる可能性があります。

なお、こちらから動画作成者について違反報告をすること等は今の所考えておりませんが、改善されない場合、更に悪化した場合(例えば当ブログの文章に勝手に改竄を加えるなど)は、最終手段としてYoutubeに報告という手段を取らせていただきたいと思います。

当ブログを純粋に楽しみにしてくださっている方々には本当に申し訳ないですし、心苦しいです。多くの読者の皆様に支えられ、応援を頂けたことは、今も本当に嬉しく感じております。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

このような決断に至ってしまった事情を何卒ご理解いただきたいと思います。

キリアキ管理人

Twitterを始めてみました…

告知が遅れてしまい誠に恐縮ですが、Twitterを始めてみることにいたしました。
今年6月にアカウントだけ作ってはみたもののその後長らく放置してしまい、10月下旬からようやく過去記事のご紹介を行う運びとなりました。
何となく気恥ずかしくて「告知どうしよう…?」としばらく考えてしまいました;
既に多くの方々がフォローしてくださり、嬉しい限りです。大変ありがとうございます。
ブログの更新が滞りがちで誠に申し訳ありませんが、少し急ぐように頑張りたいです。

秋篠宮家の実態をもっと多くの方々に知っていただければ…と思います。
今後も何卒宜しくお願い申し上げます。

今後のブログ記事予定について

ここ最近、現政権とそのサポーター達のあまりの女性蔑視ぶりにうんざりし、どんなに秋篠宮様の人となりに問題があって皇嗣待遇にふさわしくないとここで述べたところで、現政権やその支持者は聞く耳を持たないだろうし(秋篠宮様が「男」であるならそれでいいのだ、彼の人格や人柄や素行などどうでもいいのだ、という思考停止を感じてしまうのです)、現政権の元では事態は良い方向には動かないのだろうか…と少し意気消沈しておりました。
数々のセクハラ・パワハラ事件を見ていても、加害者側の男性たちの人格や行いの酷さよりも、被害者側の女性たちに落ち度があると言いたげな主張が後を絶たないことにも失望しており、この国は予想以上に腐敗が進んでいたのだという事実を思い知りました。

拙ブログの今後の予定についてもどうすべきか色々考えましたが、「今上陛下の生前退位のドサクサ紛れでいつの間にか決まってしまった秋篠宮様の皇嗣待遇への疑問」という原点に立ち返り、「皇太子殿下や敬宮愛子様を差し置いて、秋篠宮様や悠仁様に皇統を移そうという謀反計画は既に数年前から始まっていたことだった」という問題を改めて取り上げることが必要だということを感じました。

皇太子殿下に退位や譲位を促す不敬な主張の跋扈、秋篠宮様を天皇にしたがっている勢力の存在、その先の悠仁様への皇位継承を確定させたがっている企み、平成皇室が陥っている危機など、数年前からの不敬で不穏な空気を雑誌記事は捉えていました。

まず手始めに、今上陛下・皇太子殿下・秋篠宮様が数年前から行われているとされる「三者会談」について書かれた記事をいくつかご紹介し、その会談の真の目的は何か、一体何が話し合われているのか等を改めて検証したいと考えております。
この三者会談こそが「曲者」だったと思わざるをえないからです。

当ブログの今後の予定について

いつも当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

さて、当ブログではこれまで過去の雑誌記事を中心に、秋篠宮様や紀子妃の実態を暴く記事を書かせていただいてきましたが、今後も秋篠宮家に関する疑問を追求するにあたり、どうしても避けて通れない年代が2つあります。

それは「2004年」と「2006年」です。

2004年前後といえば、敬宮愛子様があどけなく可愛らしい2~3歳というお年だった一方で、雅子様のご病状が一番重かった時期でもあります。
そして皇太子殿下が雅子様をお守りするために一つの決意を込めて「ある行動」に出られた年でもありました。

そして2006年といえば、秋篠宮家に第三子=悠仁様がお生まれになった年でもあります。

2004年~2006年頃の雑誌記事は東宮家に対する無理解とバッシングが一番ひどかった時期でもあり、秋篠宮家に対する理不尽な“称賛”の蔓延りが始まった時期でもあるので、東宮応援派の一人としては振り返っていくことに抵抗があるといいますか、精神的に辛いことも多いと感じるのが正直な気持ちです。

しかし冒頭でも述べたように、秋篠宮家への疑惑を追及する当ブログとしても「避けて通れない」時代でもあります。
今後、何回かに分けて「2004年」に起きたことと、「2006年」を境に起きたことに関する雑誌記事をいくつかご紹介していきたいと思います。
内容が重いだけにブログ記述の歩みも遅くなるかもしれませんが何卒ご容赦くださいませ。

もしかしたらたまに「箸休め」として、これまでシリーズとしてお送りしてきた以下のテーマについての記事もちょこちょこ挟んで書けたらいいなと考えております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

〇秋篠宮様の人となり
〇秋篠宮家パワハラ・ブラック関連
〇東宮家には一切遠慮しない秋篠宮家
〇秋篠宮ご夫妻の結婚問題と紀子妃の親族について など

眞子様の婚約発表

本日、眞子様の婚約ニュースが流れました。まずはおめでとうございます。
せっかくおめでたいお話なのに「女性宮家がー!皇族減少がー!」としか言えない議員たち、そういうこと言うのやめませんか?黒田清子さんから色々とお話を聞いた上で眞子様はご決断されたとのことですから、降嫁して民間人になる覚悟を決められたことをまずは評価しませんか。
それに相手の男性(Kさん)もいきなり女性宮家の話をされても困惑するだけでしょう。「もしかしたら自分も皇族になってしまうのか?」なんてかえって彼の不安を煽るだけではないでしょうか。

しかし解せないのは、宮内庁が正式に発表するよりも前になぜかNHKがこの一件を先に報じたらしいこと。
陛下の生前退位の一件も秋篠宮様とNHKのH記者が関係していましたし、秋篠宮家とNHKの親密さ(?)はどう解釈すればよろしいのでしょう?
公共放送が特定皇族とつながりが深いのは問題ではないでしょうか。


さて、眞子様の婚約をお祝いしておいて何ですが、残念ながらこの秋篠宮様ブログは中止する予定はございません。
眞子様の婚約と、秋篠宮様が皇嗣扱いとなり莫大な予算をもらえることになる件は、あくまで別物ですから。
眞子様は皇室を離れて民間人となっても、秋篠宮様はこれからも永久に皇族のままなのです。

「皇嗣殿下」呼びはなくなったものの…

12日は天皇退位特例法案の全文が報道されました。法案は19日に国会に提出されるとのこと。

秋篠宮様を「皇太子」「皇太弟」と呼ぶことは早々と却下となり「皇嗣殿下」という呼称も法案に盛り込むことは断念したようですが、「特例法の3分の1は皇嗣に関することじゃないか?」と鼻白んでしまうほどのお粗末な内容でした。もはや「退位特例法」ではなく「皇嗣特例法」とでも名称変えれば?と思いたくなりました。

「皇嗣殿下という呼称を明文化することはできなかった」という点で少しはこちらの抗議が効いた?と思いたいのですが、予算が3倍に大幅増加する件や皇嗣職の件など、ほかの取り扱いは最終報告書とほとんど変化がありません。
ですから引き続き「秋篠宮様は皇嗣扱いされていい方ではない」という点を検証し続けること、政府や関係者に意見を送り続けることが重要だと思っています。

秋篠宮様の実像を、今こそ掘り起こすべき時が来た

秋篠宮様はこれまで「天皇陛下の次男」という理由で、兄上の皇太子殿下に比べてかなり自由な暮らしを満喫されてきました。
ネットが発達していない時代から少なくない国民がそのことを感じとり、「あの方は所詮次男だし」という生温かい目で秋篠宮様を見つめてきたと思います。
有識者会議座長代理の御厨氏も言及していましたが、「秋篠宮様は皇太子になる教育を受けていない」のが実情です。

それがここにきていきなり「皇太子と同待遇=皇嗣扱い」となってしまったのですからまさに「寝耳に水」です。

皇太子殿下は未来の天皇陛下となられる方なので、濱尾実侍従を通して厳しい帝王教育に耐えてこられたお方でした。そしてその成果あって、皇太子殿下は決して感情的になることなく、常に沈着冷静で堂々とした威厳あるお姿を見せてくださり、ご自分の意見を押し通すこともせず発言を控えられ、どんな状況でも柔らかな笑みを絶やすことなく、雅子皇太子妃殿下と敬宮愛子様を大切にお守りになりながら我々国民の心の支えとなってくださいました。

一方で秋篠宮様は自由を謳歌されてきましたが前述のように「次男だし天皇にならないお方だし」という目で見られ、国民も大目に見てきたことが多々ありました。
一時期は秋篠宮様の行状に関し、厳しい記事を書いている雑誌や書籍も少なくありませんでした。
それがいつの間にかある時を境に、秋篠宮様に関する厳しい記事はパッタリと途絶えてしまいました。

そして悠仁様のご誕生辺りから、今度は秋篠宮様とそのご家族に関する称賛記事ばかりが目につくようになりました。

若い世代の国民は当時のことを知らないかもしれませんが、ある世代以上の国民は「昔の秋篠宮様」を知っているからこそ現在の称賛一辺倒の記事に不自然さを感じ、「あの秋篠宮様がどうして?」という気持ちになってしまっているのです。

皇族といえども一人の人間ですから、劇的にその人となりが変化するとは思えません。
秋篠宮様も同様で、「批判を受けるような方ではなくなったから厳しい記事が消えて称賛一辺倒の記事だけになった」のではなく「相変わらず批判を受けるようなことをし続けているにも関わらず、何らかの圧力があって批判記事が書けなくなったのではないか」というのが私の見方です。

そこで私は、過去の秋篠宮様に関する記事を掘り起こして記録するとともに、秋篠宮様のお気持ちが一番端的に表れるお誕生日会見等を今一度検証し、「秋篠宮様の人となりは昔と変わっていない」ということを、改めてここに記していきたいと考えました。

人工的に起こされた霧の向こうに隠れて実態が見えなくなってしまった秋篠宮様。
秋篠宮様に関する不都合なことが「無かったこと」になりつつある現状に危機感を抱き、少しでも霧を晴らして秋篠宮様の本当のお姿を改めて浮き彫りにしたい。


「皇嗣殿下」と呼ばれ、予算を大幅に増やされる。その判断が本当にふさわしいと言えるお方なのか?ということを改めて考えてみる。

このブログはそういうコンセプトで始めていきたいと思います。

はじめに―4月21日公開の有識者会議最終報告書に対する疑問

今年の4月21日、今上陛下の生前退位に関する有識者会議の最終報告書が公開されました。

当該報告書に目を通すと、当初は有識者会議の議論の俎上に上がっていなかったはずの「秋篠宮様への待遇=皇嗣殿下と称し、予算を現在の3倍(摂政基準)に増やす」という項目が紛れこんでいました。

我々国民は、陛下の生前退位についてのみ「ご高齢だから無理をさせてはいけない」という理由で容認しましたが、秋篠宮様の待遇についてまで賛成した記憶は一切ありません。
いつの間にこのようなことになったのか、詳細な説明が政府から何も行われないまま現在に至っています。

有識者会議では次代天皇皇后両陛下のたったお一人のお子様である敬宮愛子内親王殿下のお名前はついに出てきませんでした。まるで何かの圧力がかかったかのように、不自然なほど敬宮愛子様の存在に触れることがありませんでした。

「議論が紛糾し長引くので有識者会議では女帝・女系天皇については議論しない」という方針だったのかもしれませんが、そうであるなら秋篠宮様を次の皇嗣と先走って決めることも本来はルール違反のはずです。
敬宮愛子様も秋篠宮様も、「典範を改正しなければ皇嗣=皇太子・皇太孫になれない」という点では一緒なのですから。
それなのに秋篠宮様の待遇だけ、特例法という“裏技”で先走って確定させようとしていることは明らかに欺瞞です。

「次の皇太子にふさわしいのは敬宮愛子様か、秋篠宮様か」という重要な議論を国民全体で一度も行わないまま、秋篠宮様をまるで次の「皇嗣(皇太子)」と扱おうとする政府や有識者会議や国会の姿勢に心底疑問と不信感を抱きました。

私も国民の一人として政府や国会、有識者会議の不誠実な対応について何度も意見を送りました。
しかしついに秋篠宮様の「皇嗣呼び」と「予算3倍増加」の点は修正されずに最終報告書が公開されてしまったのです。
そして基本的にはこの内容のまま法案が提出されようとし、6月中に法案が成立してしまう可能性が大になっています。

特例法は陛下の生前退位について決めたはずなのに、なぜ秋篠宮様の待遇まで決めようとしているのか?

秋篠宮様の「皇嗣呼び」や「予算3倍増加」に、国民は誰がいつ賛成したのか?

秋篠宮様の予算“3倍”という基準は摂政から来ているらしいが、なぜ天皇と同等の「摂政」を基準にする必要があるのか?

次代に関することは別途改めて議論する必要があるが、敬宮愛子様が立太子可能な18歳になられるまであまり間がないのに、秋篠宮様を「皇嗣」と呼ばなければならない喫緊の必要性がどこにあるのか?敬宮愛子様の18歳成年をなぜ待たないのか?

この件について単純に「何かがおかしい」と疑問に思う国民は少なくないはずです。
しかしマスコミはどこも「おかしい」という意見を取り上げません。

これは明らかに不自然です。
sidetitleプロフィールsidetitle

キリアキ管理人

Author:キリアキ管理人
今上陛下の生前退位に伴い、国民の理解や同意が得られないまま「秋篠宮様を“皇嗣”(継承順位1位の皇族)として皇太子に準じる扱いにし、支給される皇族費もこれまでの3倍に増やす」ということも一緒に勝手に決められてしまいました。
この問題に危機感を持ち「あらゆる方面から見ても秋篠宮様は皇嗣にふさわしくない方である」ということを、過去の雑誌記事の引用(原則全文)により検証することを目的としたブログです。2020年に予定されている「秋篠宮立皇嗣の礼」に一石を投じたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR