旅先でも気まぐれ、自由気ままに

今回は慈善奉仕団体であるロータリークラブの会報から、秋篠宮様の人となりについて触れたいと思います。

2007年~2008年度 広島廿日市ロータリークラブ会報
ttp://www.kaitekiteian.com/hhrc/kaihou_pdf/no285.pdf

上記会報には、K料理学園校長を務めていたK氏が秋篠宮様とのエピソードについて述べた内容が掲載されています。

(以下引用)

<秋篠宮殿下と私の料理にまつわるエピソード>

(前略)
演題は秋篠宮殿下と私の料理にまつわるエピソードということで、短い時間ですが、
お話をさせていただきます。 
殿下は三次の湧永製薬株式会社においでになり、遺伝に関する研究をされておられます。

平成5年5月18日と平成8年6月18日の2回、殿下のお食事を担当させていただきました。
殿下は木のぬくもりがお好きなようで、和風が良いとのことでした(お宿は環翠楼でした)。

平成5年5月のお献立で私は広島名物・小イワシを加えてみたところ、
青魚より白身魚に、とのこと。ビックリしました。


また三次ということでアユを、と思っておりましたが、5月でアユが解禁でないため、
ヤマメをお庭で焼き、部屋から殿下に見ていただきながら食事をしていただき、
たいへん喜ばれたようでした。

殿下はお帰りになられますと、最初にお食事をされ、次にお湯に入られます。
その後、浴衣になられます。そのときにはピリ辛の酒肴料理をいただきながら
メコン酒を楽しまれます。 


ギターを弾きながら午前2時ごろまで(関係者の皆さんも)飲まれた後、仕上げに
ウオッカをお飲みになられ、お休みされます。


前もって、殿下は朝食を食べられませんとのことでした。
ところが、関係者(15名ほど)が広間にて朝食をされている所に殿下がおいでになり、
「美味しそうだから、私(殿下)も朝食をいただきます」と言われ、私もビックリしました

2~3人分は余分に作っており、すぐに朝食のご用意ができて良かったとホッとしました
(一つひとつが緊張の連続でした)

平成8年6月18日のときには、アユを野立てして焼きました(殿下は鵜飼にも行かれた
ようでした
)。今回はぜひ殿下の前で料理を、と思って献立を考えてみました。
酔っ払った海老を目の前で茹で、タレをつけていただく料理にしましたが、はたして
その海老の殻を剥いて殿下に差し上げるのか、そのままで良いのか、頭が真っ白になり、
とりあえずそのままお出ししましたところ、殿下から 「殻を取ってください」 と言われ
ホッとしました。

まだまだいろいろとお話がありますが、殿下は気さくでお話上手な方であられ、
いろんな方々にお声をかけておられました。
私の心に残る料理であったと感謝いたしております。
言葉では表せない、殿下のお人柄でした。

本日はありがとうございました。(後略)


(引用終わり)

湧永製薬で秋篠宮様が遺伝子研究??という点にまず引っかかりますが、この点は後ほど別に検証したいと思います。ちなみに湧永製薬は「キヨーレオピン」が有名ですね。

K氏の講演内容、言葉を選んではいますが秋篠宮様に対する複雑な感情が何となく感じ取れるように思います。
プロの料理人がせっかく「この食材がベスト」と考えておもてなし料理を作ったのに「○○は嫌だから△△に変えてほしい」とは秋篠宮様は無粋すぎやしませんか。

そして事前に「朝食はいらない」と伝えていたのに当日朝になっていきなり「自分も食べたい」と言い出して急きょ用意させるとは…秋篠宮様は行く先々で全てがこの調子で、おもてなししてくれる人々を気まぐれで振りまわしているのか?ということが伺えるエピソードですね。

そして遺伝子研究よりもこちらが旅の主目的?と思えるほど、食事して温泉に入って酒を飲んで楽器をかき鳴らして夜遅くまで遊んでいる…本当に楽しそうで羨ましい限りです。「メコン酒」というタイアイテムがこんな所にも(笑)。
秋篠宮様がこの時に宿泊した環翠楼、素敵な旅館ですね。詳しくは下記HPをご覧ください。
ttp://www.kansuiro.co.jp/

2017年現在まで秋篠宮様は日本各地で「公務」「研究」「慰問」「慰霊」と称しては宿泊を伴う旅行を続け、夜はお楽しみの…ということを行っています。この点は秋篠宮様のご活動を検証する際に改めて見ていきたいと思っています。

しかしこういうお気楽旅行も、ただの天皇の次男・ただの一宮家の当主だから可能なことだと思います。皇太子殿下はこのようなお気楽旅行は望めなかったのではないでしょうか。こんな自由で楽しそうな人生を子どもの頃から味わってしまった50過ぎの男性が、今更皇嗣扱いで節制した生活など送れるわけがないと考えてしまうわけです。

皇嗣扱いされ皇位継承順位1位をキープしておきながら「活動は従来通り一宮家として自由気ままにやりたい」というのはあまりにも虫がよすぎやしませんか?
プロフィール

キリアキ管理人

Author:キリアキ管理人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR