FC2ブログ

平成30年秋篠宮様の誕生日会見の深刻な波紋 2~最高裁で既に決着がついた大嘗祭問題を蒸し返すことの意味

次に問題視したいのは、秋篠宮の発言が国体、憲法、最高裁、政府判断などにも悪影響を及ぼしているという点についてです。

ここで改めて大嘗祭に関しての、秋篠宮様への質問と問題回答について抜粋させていただきます。

文仁親王殿下お誕生日に際し(平成30年) 会見年月日:平成30年11月22日 会見場所:秋篠宮邸

関連質問1
殿下にお尋ねいたします。お代替わりに関する日程や規模について,いろいろ宮内庁の方でも発表があり,決まりつつありますが,先ほど殿下には皇嗣となられる公務の在り方についてのお考えをお聞きしましたが,即位の行事や儀式についてもお考えがあればお聞かせいただきたく思います。

殿下
行事,そういう代替わりに伴う行事で,いわゆる国事行為で行われる行事,それから皇室の行事として行われるものがあります。国事行為で行われるものについて,私が何かを言うことができるかというと,なかなかそういうものではないと思います。そういうものではないんですね。一方,皇室の行事として行われるものについてはどうか。これは,幾つかのものがあるわけですけれども,それについては,ある程度,例えば私の考えというものもあっても良いのではないかなと思っています。

記者
具体的に。

殿下
具体的にもし言うのであれば,例えば,即位の礼は,これは国事行為で行われるわけです,その一連のものは。ただ,大嘗祭については,これは皇室の行事として行われるものですし,ある意味の宗教色が強いものになります。私はその宗教色が強いものについて,それを国費で賄うことが適当かどうか,これは平成のときの大嘗祭のときにもそうするべきではないという立場だったわけですけれども,その頃はうんと若かったですし,多少意見を言ったぐらいですけれども。今回も結局,そのときを踏襲することになったわけですね。もうそれは決まっているわけです。ただ,私として,やはりこのすっきりしない感じというのは,今でも持っています。整理の仕方としては,一つの代で一度きりのものであり,大切な儀式ということから,もちろん国もそれについての関心があり,公的性格が強い,ゆえに国の国費で賄うということだと。平成のときの整理はそうだったわけですね。ただ,今回もそうなわけですけれども,宗教行事と憲法との関係はどうなのかというときに,それは,私はやはり内廷会計で行うべきだと思っています。今でも。ただ,それをするためには相当な費用が掛かりますけれども。大嘗祭自体は私は絶対にすべきものだと思います。ただ,そのできる範囲で,言ってみれば身の丈にあった儀式にすれば。少なくとも皇室の行事と言っていますし。そういう形で行うのが本来の姿ではないかなと思いますし,そのことは宮内庁長官などにはかなり私も言っているんですね。ただ,残念ながらそこを考えること,言ってみれば話を聞く耳を持たなかった。そのことは私は非常に残念なことだったなと思っています。(引用ここまで)


改めて秋篠宮様の該当意見部分を読むと、秋篠宮様は、皇室の儀式というものを、「国事行為として行うもの」と「それ以外の皇室の(公的な)行事」と分けて考えていることが分かります。そして前者については自分も口は出せないが、後者に関してはある程度自分の意見を出してもいいのではないかと考えている節があることも分かります。そして大嘗祭自体はやるべきであるものの、規模を大きくして予算をかけることは馬鹿馬鹿しいと考えているとのことです。
これは裏を返せば、国事行為として行われることが決まってしまった「立皇嗣の礼」については自分は口出ししないよ、いくらお金かけても自分は何も言わないよ、ということでもあるのですが。その辺りが狡猾だと感じました。

さて、大嘗祭は平成の時も政教分離の観点から問題にはなっていました。最高裁まで争い、以下のような結論が出ています。

平成の御代替わりに伴う儀式に関する最高裁判決(PDF/398KB)

憲法学の専門的内容が含まれており理解するのはなかなか難しいものがありますが、最高裁は知事が大嘗祭に出席することついて、

「大嘗祭は皇位継承の際に通常行われてきた皇室の重要な伝統儀式」
「大嘗祭出席は社会的儀礼として日本国及び日本国民統合の象徴である天皇の即位に祝意を表すもの」
「その効果は特定の宗教に関する援助、助長、促進又は圧迫、干渉等になるようなものではない」

と結論付けています。
最高裁判断ですからここで決着を見たということになります。

そして現政府も宮内庁もこの判断に従って粛々と準備を進めているにすぎないのです。

ところが、その最高裁判断や政府の決定に口出ししてしまったのが、秋篠宮様なのです。これは皇族としてあるまじき行為なのです。

憲法第四条第一項には、こう記されています。

第四条 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。


「国政に関する権能」とは、国事行為以外に該当するものなら広く捉えられると思います。
憲法は「天皇」としか規定していませんが、秋篠宮様は現在皇位継承権を有しています。確定的ではなくても将来天皇になる可能性がある方ですから、天皇に準じて、国政に関する権能は有していない、政治的発言はできないと考えることができます。普段から「秋篠宮様は継承順位1位になる、皇嗣になる」と主張しているのですから、こういう時だけ「いや秋篠宮様はただの一皇族だし、この憲法の規定は当てはまらないだろう」という考えは卑怯だし狡いのではないでしょうか?
若い頃から好き勝手口出ししているような皇族が、いざ天皇になった途端に政治的内容を含む自由な発言を控えます…なんて急にできるわけがありません。そういう方は皇族のままでも天皇になってもいつか必ずボロを出しますよ。
だから秋篠宮様も当然政治的発言を自重すべき立場にあると考えます。


大嘗祭という公的行事に関し、既に最高裁で決着が付いていることを踏まえた上で、前例通り粛々と準備を進めるという行いは、政治的案件です。予算なども組まれますので、そういう観点でもこれは政府案件なのです。
その政府判断について皇位継承権を持つ皇族が「規模がどうの予算がこうの」と口出しすることは、憲法違反のおそれもあるのです。

もし仮に、大嘗祭を宗教味を帯びる行事だと考えると、そもそも天皇制や皇室の存在そのものが宗教味を帯びていると言える余地があるのではないでしょうか。そこまで踏み込むことは、天皇制廃止の思想に結びつくことになりませんか?
神道である天皇家が存在すること自体、政教分離に反していると言える余地を作ってしまうことになりかねません。
まあ、そういうことを最終目標(狙い)にしている団体もあるとは思いますが。

そこまで踏み込まなくても、大嘗祭の否定は、天皇にとって重要な祭祀を軽んじるだけでなく、国体の安寧そのものの拒絶をも意味すると個人的には思います。五穀豊穣への感謝というものは、国が栄え、国民が健やかに生きていく上で非常に重要な意味を持ちますからね。
今日本ではやたらとハロウィン行事が推されており無秩序に大騒ぎする人たちが問題視されたばかりです。このハロウィンは元々西洋の収穫祭が元になっていますが、我が国の「収穫祭」に当たるのが新嘗祭であり、新天皇が即位後初めて行うものが大嘗祭なのです。
日本古来の真の収穫祭である大嘗祭を軽んじるような連中が、西洋由来の収穫祭であるハロウィンで大騒ぎしているなら、非常に愚かで滑稽だなあと思ってしまいます(元々こういう連中は大嘗祭の意義もハロウィンの由来も分かっていなさそうですが)。

だから皇族であり皇位継承権を持つ秋篠宮が大嘗祭を筆頭に祭祀を重要視していないことが改めて浮き彫りになったことはもっと深刻に捉えられるべきなのです。こんな方を果して天皇にしていいものでしょうか。天皇として祭祀を担う資格があるのでしょうか。皇嗣として皇位継承権を有していること自体が恥ずかしいレベルです。

ページを改めて、大嘗祭に限らず、皇族が政治的意見を述べること自体の危険性を更に掘り下げていきたいと思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

キリアキ管理人

Author:キリアキ管理人
今上陛下の生前退位に伴い、国民の理解や同意が得られないまま「秋篠宮様を“皇嗣”(継承順位1位の皇族)として皇太子に準じる扱いにし、支給される皇族費もこれまでの3倍に増やす」ということも一緒に勝手に決められてしまいました。
この問題に危機感を持ち「あらゆる方面から見ても秋篠宮様は皇嗣にふさわしくない方である」ということを、過去の雑誌記事の引用(原則全文)により検証することを目的としたブログです。2020年に予定されている「秋篠宮立皇嗣の礼」に一石を投じたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR