FC2ブログ

平成30年秋篠宮様の誕生日会見の深刻な波紋 5~秋篠宮様を異様に怖がる腰抜け宮内庁

文仁親王殿下お誕生日に際し(平成30年) 会見年月日:平成30年11月22日 会見場所:秋篠宮邸

次に検討したいのは、大嘗祭の在り方に異議を唱え政治的介入を行おうとしている秋篠宮様に対し、宮内庁が異様なまでに「及び腰」である件について取り上げたいと思います。

秋篠宮様は大嘗祭発言の際、宮内庁(長官)に対してこのように言い放っています。

>具体的にもし言うのであれば,例えば,即位の礼は,これは国事行為で行われるわけです,その一連のものは。ただ,大嘗祭については,これは皇室の行事として行われるものですし,ある意味の宗教色が強いものになります。私はその宗教色が強いものについて,それを国費で賄うことが適当かどうか,これは平成のときの大嘗祭のときにもそうするべきではないという立場だったわけですけれども,その頃はうんと若かったですし,多少意見を言ったぐらいですけれども。今回も結局,そのときを踏襲することになったわけですね。もうそれは決まっているわけです。ただ,私として,やはりこのすっきりしない感じというのは,今でも持っています。整理の仕方としては,一つの代で一度きりのものであり,大切な儀式ということから,もちろん国もそれについての関心があり,公的性格が強い,ゆえに国の国費で賄うということだと。平成のときの整理はそうだったわけですね。ただ,今回もそうなわけですけれども,宗教行事と憲法との関係はどうなのかというときに,それは,私はやはり内廷会計で行うべきだと思っています。今でも。ただ,それをするためには相当な費用が掛かりますけれども。大嘗祭自体は私は絶対にすべきものだと思います。ただ,そのできる範囲で,言ってみれば身の丈にあった儀式にすれば。少なくとも皇室の行事と言っていますし。そういう形で行うのが本来の姿ではないかなと思いますし,そのことは宮内庁長官などにはかなり私も言っているんですね。ただ,残念ながらそこを考えること,言ってみれば話を聞く耳を持たなかった。そのことは私は非常に残念なことだったなと思っています。(引用ここまで)

「聞く耳を持たなかった」。

何でしょうか、この言い草は。まるで幼い子どもが「え~んおいらの言うことを誰も聞いてくれないよ~」と駄々をこねているような印象を受けてしまいます。こういう「大人になり切れていない」面が目立つから、秋篠宮様のことをつい「53歳児」と呼びたくなってしまうのですよ。

そして宮内庁は、長官と次官がそれぞれコメントを出すはめになりました。

まずは山本信一郎長官。

秋篠宮さま、大嘗祭支出に疑義「宮内庁、聞く耳持たず」 2018年11月30日00時00分 朝日デジタル
 
>山本長官は直後の会見で「聞く耳を持たなかったと言われるとつらいが、そのようにお受け止めになったのであれば申し訳ない」と話した。一方、天皇陛下からは即位関係の諸儀式などは皇太子さまとよく相談して進めるよう伝えられているといい、「ご理解を頂いて進めている」としている。(引用ここまで)

宮内庁長官「政治的発言に当たらず」=大嘗祭予定通りに-秋篠宮さま記者会見 2018年11月30日00時57分 時事ドットコム

>大嘗祭に関する秋篠宮さまの発言について、宮内庁の山本信一郎長官は30日までに、大嘗祭の費用を宮廷費から支出することは決定済みだとして、「政治的な発言には当たらない」との認識を示した。
長官は「発言は持論をお述べになったものと理解している。宮廷費から支出することは決定済みで、宮内庁としてはこれからもその方針に従って準備を進めていく」と述べた。
自身が秋篠宮さまから大嘗祭に関する意見を聞いていたことを認めた上で、秋篠宮さまには大嘗祭が皇位継承に伴う重要な伝統的儀式であることや、前回の大嘗祭の際にさまざまな議論がされた結果として宮廷費から支出することになった経緯などを説明してきたと指摘。「聞く耳を持たなかった」と秋篠宮さまが述べられたことについては「そのようにお受け止めになったのであれば申し訳なかった」と話した。(引用ここまで)


次に西村泰彦宮内庁次官。

「宮内庁に対する叱責」 秋篠宮さま大嘗祭ご発言で同庁次長が見解 12/3(月) 15:41配信 産経新聞

>宮内庁の西村泰彦次長は3日、秋篠宮さまが誕生日に先立つ会見で、代替わりに伴う大(だい)嘗(じょう)祭(さい)を政府決定の国費ではなく天皇ご一家の私的活動費でまかなうべきとし、同庁の山本信一郎長官に対し「聞く耳を持たなかった」と発言されたことについて、「しっかりした返答をしなかったことへの宮内庁に対するご叱責と受け止めている」との見解を示した。
西村次長は同日行われた定例会見の中で、秋篠宮さまのご発言に対する見解を問われ「『大嘗祭は必ず行われるべきだ』という大前提のもとで、ご自身の考えを率直に発言された」としたうえで「今回の(陛下の)譲位が具体化する前から、宮内庁長官などに伝えられていたものと聞いている」と述べた。
さらに、宮内庁としての考えを十分理解いただけなかったことについては「大変申し訳なく感じている」と謝罪。ご発言は政府決定への反対ではなく「宮内庁に対する叱責」との認識を示した。今後は意見が違うことがあっても理解いただくことが必要とし「二度とこのようなことがないよう、しっかりと対応してまいりたい」と話した。
また、秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまのご結婚延期をめぐり、秋篠宮さまが婚約内定相手の小室圭さん(27)側に「相応の対応をするべき」と発言されたことについて、西村次長は「重い課題を課されたと理解している」と述べた。(引用ここまで)

秋篠宮さま「大嘗祭」に意見 宮内庁次長「ご叱責と受け止め」 2018年12月3日 17時41分 NHK

>宮内庁の西村泰彦次長は、3日の定例の記者会見で、「政府の決定に反対をなさっているものではなく、宮内庁が、お考え、投げかけに、しっかりとした返答をしなかったことへのご叱責と受け止めております」と述べ、「意見の違いはあるとしても、宮内庁としての考えをご理解いただくことは必要で、二度とこのようなことがないよう、しっかりと対応して参りたい」と話しました。(引用ここまで)

こうして長官と次官のコメントを見ると、微妙にニュアンスが異なっていることが分かります。
長官は秋篠宮様から会見で批判されたことに困惑しつつも、「それでも予定通り進めていく」と無難な回答。
一方で次官は、ただただ平身低頭で「自分たちが悪うございました」とばかりで謝罪一辺倒という印象です。


世間ではどういうわけか宮内庁に対する批判が少なくないようで、「秋篠宮様の言うことを聞かない宮内庁は何事か!」と冷静さを失った論調が目立ちました。しかし何度も言いますが、大嘗祭は既に最高裁で決着も付いている、予算も組まれている政治的案件です。ですから長官の対応こそが正しいのだと私は思います。
おそらく長官は
「いくら宮様が口を出されても、宮様の言うことを聞いてハイそれでは大嘗祭の規模を縮小します、なんて言ったら、それこそ政府が皇族の一存で政治的判断を変えたと思われてしまう、そうなったら後々秋篠宮様の発言が問題視されるのだ」
という判断を働かせたのではないでしょうか。長官はある意味、秋篠宮様を政治的局面から“救った”のだと言えます。
ところがこういう判断を理解できない国民がまだまだ多いようで驚いています。
宮内庁を批判している人々は、政府が秋篠宮様の意向を汲んで大嘗祭の規模を縮小した場合のことを果して考えているのでしょうか?そうなったら秋篠宮様が勝手な一存で「政府を動かした」という既成事実が出来上がってしまうのですよ?そうなって一番窮地に立たされるのは、ほかでもない、「政治的介入をした秋篠宮様」ご自身ではありませんか!
もしかしたら宮内庁を批判している人たちは、秋篠宮様を称賛するフリをして、秋篠宮様を「政治介入皇族」として窮地に陥れたいのですか?真面目に聞きたいです。

さて、一方の次官コメントですが、こちらはまた別の角度で腹立たしいものを感じます。
この次官はどうしてここまで秋篠宮様に平身低頭なのでしょうか。あまりにも卑屈過ぎて「プライドはないのか!」と言いたくなります。何というかみっともないというか情けない気持ちになります。世間の批判が怖い?それとも、「秋篠宮様にはヘーコラしておけば後々怖い思いをしなくて済むし…」という感じで「ハイハイ我々が悪うございました~」という感じでやり過ごそうとしているのか?よく分かりません。
過去、当ブログでも『選択』という雑誌から「秋篠宮様には昔のようなお目付け役がいなくなってしまった」ことを嘆いた記事をご紹介させていただいたことがありますが、今もまさにその状況は変わっていないのですね。

物議かもす秋篠宮の「告白」―いなくなったお目付役―(月刊誌『選択』より)

ところで、これら宮内庁の対応には、我々東宮家応援派はどうしても納得いかず、怒りを禁じえないものがあります。
それは、歴代宮内庁(長官)が過去に東宮ご夫妻に対してどれだけ無礼・横柄な態度で接してきたか、その過去を覚えているためです。
東宮ご夫妻には偉そうな態度をとっていたくせに、秋篠宮様にはあのヘコヘコ体たらくかよ!と悪態を付きたくなるのです。

ここで、歴代長官であった鎌倉・湯浅・羽毛田・風岡長官たちの、「東宮ご夫妻に対する不敬発言」について取り上げたいと思います。

まず鎌倉長官。

"雅子妃の代弁者"といわれる皇室ジャーナリストが明かした「皇太子妃を辞める」発言と不妊治療の真実 2015年12月9日 08:30 リテラ

>雅子妃を追い詰めたのが、お世継ぎのプレッシャーだった。宮内庁はなかなか懐妊しない雅子妃をことあるごとに責め立てたという。
〈ご懐妊されない原因が雅子妃の『考え方』にあると見るようになったのである。雅子妃が世継ぎの重要性を自覚していないという歪んだ話は、宮内庁の中にも広がり始めていた。〉
97年2月には当時の宮内庁長官・鎌倉節が直接、雅子妃を説得にきたこともあったという。通常、長官といえど、皇太子夫妻から「お召し」がなければ勝手に会いに来ることなどできないのだが、鎌倉長官はその禁を破り、強引に乗り込んできた。そして部屋に入るなり、世継ぎの話を切り出したという。
「前置きもなく、いきなりお身体のことを話し始めたといいます。
雅子妃殿下は羞恥心と驚きで複雑なお気持ちになったそうです。ひとりの女性が夫婦間のことなどを他人に軽々しく言えるはずがありません。雅子妃はしばらく黙ったままだったそうですが、あまりに理解がないためプライバシーについて言われたところ、結局、聞き入れてもらえないまま話は平行線に終わったと言われていました」(元東宮職)(抜粋)

次に湯浅長官。

2004(平成16)年 「キャリアと人格の否定」発言 2010年1月7日 日経ウーマンオンライン

2003年6月に湯浅利夫・宮内庁長官(当時)が雅子妃に対し、(2001年12月1日に愛子内親王が誕生したものの、子どもは)「やはりもう一人ほしい」「多くの国民もそう考えているのではないか」という発言が挙げられます。
また、12月11日の記者会見では「秋篠宮殿下御夫妻に第3子を期待したい」という発言があり、その翌日から雅子妃は長期静養に入ります。このような無神経ともいえる一連の発言に対しては、国民の間で辞任を求める声もあがりましたが、結局湯浅長官は2005年3月に退官するまで、この発言に対する責任を公に問われることはありませんでした。
湯浅長官は「外国に行きたかった」という雅子妃の発言やビデオ画面に映し出された外国滞在中の雅子妃の様子を眺めながら、「外国に行くのがそんなにうれしいのかねえ」などと発言しています。そこには異なる価値観や行動様式を求められる環境へ新たに入ってきた雅子妃のストレスや当惑に対する理解や共感がまるで感じられません。(抜粋)


次に羽毛田長官。

宮内庁長官が異例の「苦言」 皇室内部の亀裂浮き彫り? 2008/2/14 19:17 J-CASTニュース

宮内庁長官が、「愛子さまが天皇・皇后両陛下を訪問なさる回数が少ない」などと、記者会見で皇太子ご夫妻への「苦言」を口にした。宮内庁長官と言えば、報道などの周囲の「雑音」の火消しに回ることが多いだけに、長官自らが皇室メンバーの批判とも取れる発言を行うのは異例中の異例だ。海外メディアも、この発言を報じ始めており、さらに波紋が広がる可能性も出てきた。
発言が飛び出したのは、2008年2月13日に行われた定例会見。羽毛田信吾・宮内庁長官が、愛子さまの参内(皇居を訪れること)の頻度について指摘したのだ。(抜粋)


最後に風岡長官。

2013年4月11日 21:54 日テレNEWS

宮内庁長官、皇太子ご夫妻の未回答に苦言

宮内庁の風岡長官は11日、今月30日のオランダ国王の即位式に招待された皇太子ご夫妻が出欠をいまだにオランダ側に回答されていないことについて苦言を呈した。
宮内庁によると、先月初めに、オランダから30日に行われる新国王の即位式に皇太子ご夫妻を招待したいとの打診があったという。出欠の回答の締め切りは先月上旬とされていたが、式典まで残すところ20日を切った11日に至るまで、ご夫妻は出席するかどうか決められていないという。
病気療養中の雅子さまが出席できるかどうか体調を見極められていることなどが理由だが、風岡長官は11日の記者会見で、「オランダ側の準備を考えなくてはいけない。(国内手続きとしても)閣議了解の手続きも必要だ」などと述べ、一刻も早く決めるよう、異例の苦言を呈した。(ニュースここまで)

いかがでしょうか。歴代長官たちのあまりの態度の酷さには改めて絶句します。次代天皇皇后両陛下になられる方々に、なぜ歴代長官がここまで威張り、強気になれたのか。
やはり、長官たちのバックに「現両陛下」がいらしたから、としか言いようがありません。
長官たちが独断で勝手にこのような態度を取れるわけがないとすると、長官たちは「両陛下」のお墨付きを得て、このような強気な態度を堂々と取り続けられたのだと思います。

しかしこの当時は、どこからも「宮内庁は東宮ご夫妻に失礼だろう!」と諫める声がほとんど出ませんでした。むしろ「東宮ご夫妻に非があるから悪い」という論調の時もありました。
そりゃそうでしょう、バックに両陛下がいらしていることが分かっていたから、誰も長官らを叩けなかっただけです。

それが今ではどうでしょう。山本長官はともかく、西村次官はひたすら秋篠宮様に対して平身低頭。
歴代長官が「あの時は失礼なことを申し上げました、謝罪します」と、東宮ご夫妻に謝ったことなど、一度もありません。
その過去に対して怒りを禁じえない東宮家応援派は大勢います。


宮内庁長官や次官を委縮させた秋篠宮様の態度は論外としても、秋篠宮様を異様に怖がり、及び腰になり、厳しいことをガツンと言えない山本長官と西村次官にはまた別の意味でイライラやモヤモヤを抱えてしまうのです。

それにしても、秋篠宮家が宮内庁職員に対してパワハラしている事実が、これでまた裏付けられました。
「秋篠宮家=パワハラ・ブラック宮家」という構図ではいつも紀子妃の態度の酷さが取沙汰されていましたが、当主の秋篠宮様も宮妃に負けず劣らずパワハラを行っている一端が垣間見れたのではないでしょうか。

こんな横暴な宮家に、宮内庁職員はこれからも平身低頭で我慢し続ける気でしょうか。皇嗣職なるものが新設されるようですが、ボイコットしないのですか?
sidetitleプロフィールsidetitle

キリアキ管理人

Author:キリアキ管理人
今上陛下の生前退位に伴い、国民の理解や同意が得られないまま「秋篠宮様を“皇嗣”(継承順位1位の皇族)として皇太子に準じる扱いにし、支給される皇族費もこれまでの3倍に増やす」ということも一緒に勝手に決められてしまいました。
この問題に危機感を持ち「あらゆる方面から見ても秋篠宮様は皇嗣にふさわしくない方である」ということを、過去の雑誌記事の引用(原則全文)により検証することを目的としたブログです。2020年に予定されている「秋篠宮立皇嗣の礼」に一石を投じたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR