FC2ブログ

ここ最近の秋篠宮家に批判的な記事をまとめてみます~本当なのか?秋篠宮様の「メンタルの不調」―でも同情は一切しません。

女性セブン2019年5月9・16日号

秋篠宮さま、眞子さま関連で不調続く 抗不安薬に頼ることも


秋篠宮家が抱える大きな不安。それは、眞子さま(27才)と小室圭(27才)さんの結婚である。4月初旬、この問題に大きな進展が見られた。現在、アメリカ・ニューヨークのフォーダム大学ロースクールに留学中の小室さんが、年間約6万ドル(約660万円)の「特別奨学金」を得られることになったと報じられたのだ。

「もし事実であれば、約400人の学生から2人しか選ばれない狭き門を突破したことになり、小室さんが目標とするニューヨーク州弁護士の資格試験に合格することは確実視されています」(法曹関係者)

「経済的な安定」をクリアする道筋が見え、ふたりの結婚への動きが加速するとの見方が強まった。

「小室さんの生活の基盤がしっかりとすれば、ふたりの結婚を妨げる理由はなくなります。そもそも現在の小室さんが『婚約内定者』という曖昧な立場にありながら税金を使って警備されること、留学先で特別な便宜を図られているとの疑惑があることについて、多くの国民は不信感を抱いています。宮内庁や秋篠宮家の周辺では、“結婚の条件はクリアしそうなのだから、早急にご決断されるべき”という声が高まっています」(宮内庁関係者)

親心もあるのだろう、秋篠宮さまは心身ともに不調が続いているという。

近頃の秋篠宮さまは不安を感じることが多く、なかなか寝つけられない日々を過ごされています。
次女の佳子さま(24才)は、眞子さまの結婚問題について『姉の一個人としての希望がかなう形になってほしい』と表明され、秋篠宮さまとの意見の対立が表面化しました。そんな家族の“分裂状態”に加えて、御代がわりによって自身が皇嗣となることも、大きな重圧となっています。
そもそも、登山やジョギングで体を鍛えている皇太子さまに比べ、秋篠宮さまは体力に自信があるタイプではいらっしゃらないそうです。それなのに夜になるとお酒に手が伸びることが多く、『抗不安薬』に頼ることも多くなっていると聞きます」(前出・秋篠宮家に近い関係者)

(終わり)


ここ最近、「秋篠宮様がメンタルをやられて酒と薬に頼っている」という報道が徐々に増えてきています。
しかし、どうも秋篠宮様には一切同情の念が湧きませんね。
理由は、秋篠宮様が過去の誕生日会見で雅子陛下のご病気について記者から質問を受けた際、以下のような冷淡な回答を行っているためです。

平成16年秋篠宮様お誕生日会見文

(引用開始)

問2 殿下にお尋ねいたします。皇太子妃殿下が長期の静養を続けており,5月の皇太子殿下の発言をきっかけに,皇室をめぐる様々な報道や論議がなされました。皇位継承順序第二位にあるお立場として,弟として,一連のことをどのように受け止められましたか。皇太子妃殿下について,皇太子殿下は「東宮御所での生活の成り立ちに伴う様々な苦労があったと思います」と述べられましたが,両殿下はご結婚後,そうした経験がおありだったでしょうか。

殿下 (中略)東宮御所での生活の成り立ちに伴う苦労ですね,これは私はどういう意味なのか理解できないところがありまして(以下略)

(引用終わり)


秋篠宮様は「東宮御所の苦労なんてオレ知らねー、苦労の意味も理解できねー」と公の場で回答したのです。
私を含め秋篠宮様の言動に疑問を抱いている多くの人が共通して感じるのは、「秋篠宮様には人の心がないし、他人の悲しみや痛みが理解できない、共感能力が著しく欠けている」という点です。
この方は本当にゾッとするような冷酷さを見せることが多いです。
仮に「東宮家の苦労など理解できない」のが正直な思いであっても、ほかにもっと言いようがあったと思われます。この方はその「言いよう」すら社会人として学んでこなかったということになるでしょうか。

この過去の秋篠宮様の言動に憤っている人は皆、秋篠宮様のメンタルの病に同情など一切できませんし、「自業自得じゃね?」としか思わないのです。
「秋篠宮様の立場に伴う苦労?はい?それってどういう意味なのか理解できない所がありまして~」と言いたくなります。

そして秋篠宮様は上記回答の後、「女房に聞いた方が早いわ」と言って紀子妃に話を振るのですが、その女房の回答もまた酷いものでした。

(引用開始)

妃殿下 結婚してからの生活は,新しく出会う務めや初めて経験する慣習などが多くございました。どのように務めを果たしたらよいか,至らない点をどのように改めたらよいかなど,不安や戸惑いなどもございましたが,その都度人々に支えられ,試行錯誤をしながら経験を積み,一つ一つを務めてまいりました。 (以下略、引用ここまで)

これがあの悪名高い「私は(東宮ご夫妻と違って)うまくやってきました~」会見ですね。見事なまでにこの方も東宮ご夫妻に対する共感能力が欠如しています。一体この夫婦は何なのでしょうか。
夫婦は似てくると言いますが、どちらも血が通っていない印象を受け背筋が寒くなるのです。

このような過去があった以上、秋篠宮様がメンタルの不調で酒や薬に頼っていると聞かされても「それが何?何をそんなに悩んでいるのか分かりません」としか言いようがないですよ。

もし不調なのが事実なら無理は言いませんから、まずは皇嗣待遇を辞退することをお勧めします。今の秋篠宮様にそんな大役は務まりません。何なら皇室から抜けて民間人としてお暮しになってもよいでしょう。

雅子陛下にぶん投げた数々の罵詈雑言がブーメランとなって秋篠宮様に突き刺さりそうですね。
sidetitleプロフィールsidetitle

キリアキ管理人

Author:キリアキ管理人
今上陛下の生前退位に伴い、国民の理解や同意が得られないまま「秋篠宮様を“皇嗣”(継承順位1位の皇族)として皇太子に準じる扱いにし、支給される皇族費もこれまでの3倍に増やす」ということも一緒に勝手に決められてしまいました。
この問題に危機感を持ち「あらゆる方面から見ても秋篠宮様は皇嗣にふさわしくない方である」ということを、過去の雑誌記事の引用(原則全文)により検証することを目的としたブログです。2020年に予定されている「秋篠宮立皇嗣の礼」に一石を投じたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR