FC2ブログ

「男系男子継承維持」は変えずにこのまま皇室は泥舟に沈むのか~新年の憂い

令和2年になりました。今年も皆様にとって良いお年となりますように。
(現在喪中のためお祝いの言葉は控えさせていただきます。)

さて、新年早々、安倍政権が男系男子維持を変えない方針だということをぶち上げました。

皇位継承の在り方 検討を本格化へ 2020年1月2日 5時34分 NHK

安定的な皇位継承に向けた課題について、政府は、ことし4月の「立皇嗣の礼(りっこうしのれい)」を終えたあと本格的に取り組む考えです。男性皇族3人からなる今の皇位継承順位は維持し、その後の継承の在り方を慎重に検討する方針です。
天皇陛下の即位に伴う一連の式典は去年終わり、ことし4月には、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣」となられたことを広く明らかにする「立皇嗣の礼」が行われます。
政府は「立皇嗣の礼」を終えたあと、国会の要請を踏まえ安定的な皇位継承の確保や皇族数の減少などの課題に本格的に取り組むことにしています。
今の皇室で皇位を継承できるのは男性皇族3人で、継承順位は、1位が秋篠宮さま、2位が秋篠宮ご夫妻の長男の悠仁さま、3位が上皇さまの弟の常陸宮さまとなります。
安定的な皇位継承を確保する方策をめぐり、政府は、今の皇位継承順位は維持し、その後の継承の在り方を慎重に検討する方針です。
また、皇族数の減少などに関しては、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」の創設や、戦後、皇籍を離れた旧宮家の男子が皇族に復帰できるようにする案の是非など、幅広く意見を聞きながら丁寧に検討を進めるものとみられます。(ここまで)


もうこの政権に付ける薬はないですね。皇室や日本という国に対する敬意も何もなく、ただ自分の票田となっている男系男子カルト連中の言いなりになっているだけ。女性天皇に賛成している8割の国民の声を無視する横暴さ。民主主義とは一体何なのでしょうか。
現政権はたとえ内閣支持率下落や選挙大敗という道を選んでも、何らかの利権つながりで「男子を二人抱える()」秋篠宮家と心中することにしたようですね。そのまま一緒に泥舟で沈んでいけばいいと思います。
このまま男系男子維持を変えないようなら日本は斜陽まっしぐらになるでしょうね。
まあ、「愛子様が天皇なんて気の毒だよ~面倒で大変なことは男どもに任せて女はサブ的立場でゆるく仕事するのがラクよ~あるいはお嫁に行って子供を産む人生が一番だよ~女は高い地位など得ずラクして生きるのがいいよ~下手に女性天皇を認めたら女に大きな負担が行きそうで嫌だわ~」という思想の人々にとってはさぞ生きやすい国になるかもしれませんが。
でもこういう思想は女性を軽んじると同時に男性にだけ過重な負担を強いることになり双方の性にとって辛い社会になると思いませんか?
私はそんな国真っ平御免です。


上記のNHKニュースで唯一救いがあるとすれば、「幅広く意見を聞きながら検討を進める」という一文です。
まあ、これもどこまで機能するか分かりませんけどね。
でも何も意見を言わないよりかはどんどん意見を送った方が絶対に良いに決まっています。


で、肝心の秋篠宮様ご本人ですが、今でも全く皇位継承者としての自覚がないように見えます。
新年早々、この方はまたやらかしました。
元日の新年祝賀行事で両陛下が退室される際、ほかの皇族方は深々と頭を下げて両陛下を見送られているのに、秋篠宮様だけはただ首をうなだれているだけでまったく深いお辞儀をしていませんでした。
彼は去年5月1日の即位朝見の儀でも同様の態度だったことでネットでもかなり批判されていましたが、令和2年になっても変わらず。

こんな不敬で無礼な男が次のテンノーなんですってよ!!

令和2年元日の新年行事の秋篠宮様
秋篠宮お辞儀もどき2

令和元年5月1日の即位朝見の儀の秋篠宮様
秋篠宮お辞儀もどき1

あと、今年の新年「天皇ご一家」お写真も一体何なんですかね。

Inkedコメント 2020-01-01 125205_LI

天皇直系の皇女たる敬宮様を後ろに立たせて、皇女を差し置いて序列が下の弟夫婦が図々しく前に座っているなんて。
あくまでも「天皇ご一家」のお写真なら秋篠宮家は全員この場にいるべきではない。

現に常陸宮ご夫妻は平成になってから写真に入らなくなりましたよ(昭和時代は入られていた)。
令和になった以上、秋篠宮家はこの写真に入ることを辞退しなければならなかったはずです。それが皇室内の序列というものです。
しかしそれでもどうしても写真に入りたいというのなら、秋篠宮家は5人全員後ろに立つべきです。そして秋篠宮夫妻が座る位置に敬宮様がお座りになるべきです。
こういう所で秋篠宮夫妻の無遠慮さ、気付かなさが如実に表れますね。
こういう気遣いのできない、序列無視の皇族が次のテンノーだ何だと大きい顔をすることが本当に耐えられない。
皇女に対してもこういう態度ですから、我々一般国民など鼻にもかけないでしょう。国民は見下されて馬鹿にされて軽んじられて終わり。そんな人をテンノーだと仰ぐ国は不健全としか言いようがない。

でも現政権が目指すものはそういう不健全な国なんですよね。
消費税増税に対して反対の声が多くても「増税!増税!」
今やるべきことは改憲ではないという声が多くても「改憲!改憲!」
女性天皇を認めるべきという声が多くても「男系男子!男系男子!」
議席を減らしても、「不正に対する説明に納得いかない」という声が多くても「理解を得た!理解を得た!問題ない!問題ない!」
どう見てもおかしいでしょ、この政権。逆走ばかりしている。
わざと少数派の声ばかり聞いているのかと思いたくなるくらい。

しかし近いうちに敬宮様も成年を迎えられます。
そして国民の前に公的にお姿をお見せ下さる日がやってきます。
そうすれば敬宮様の人気はますます高くなるでしょう。
その一方でしょぼくれて生気のない、しかし性格の悪さがにじみ出ている秋篠宮様が皇嗣として前に出張ってくればくるほど国民の嫌悪感は増すでしょう。
小室問題程度で家庭不和を引き起こし当主としても父親としても威厳を失った秋篠宮様ですが、国民からの嫌悪の視線にどれだけ耐えられるか。
しかしそこは私の知ったことではありません。皇太子という呼称は嫌がったくせに皇嗣という地位や立皇嗣礼はなぜか辞退しなかった秋篠宮様の自己責任です。継承者としての責任も非難もどうぞ一身に受けて頂きたい。
弱音を吐いてはなりませんよ?それも帝王学の一環ですから。

sidetitleプロフィールsidetitle

キリアキ管理人

Author:キリアキ管理人
今上陛下の生前退位に伴い、国民の理解や同意が得られないまま「秋篠宮様を“皇嗣”(継承順位1位の皇族)として皇太子に準じる扱いにし、支給される皇族費もこれまでの3倍に増やす」ということも一緒に勝手に決められてしまいました。
この問題に危機感を持ち「あらゆる方面から見ても秋篠宮様は皇嗣にふさわしくない方である」ということを、過去の雑誌記事の引用(原則全文)により検証することを目的としたブログです。2020年に予定されている「秋篠宮立皇嗣の礼」に一石を投じたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR