当主不在の“ブラック宮家” その5~「東宮家と同格」になりたいためだけの職員増員要求?

今回は、週刊文春2012年7月5日号をご紹介したいと思います。

紀子さま ご結婚22周年秋篠宮家「過酷すぎる職場」
10年間で職員10人以上が交代


「あなた、自己中ね!」。宮邸での妃殿下は、優雅な会見からは想像もできないほど厳しいという。退嬰的な宮内庁にあって、なぜ秋篠宮家で次々と人事異動が行われるのか。揺れる平成皇室の中で重責を担う秋篠宮家。そのストレスに悲鳴を上げる職員の声を取材した。

お濠の内、皇居・坂下門を入り、すぐ右手奥に見える三階建ての重厚な建物が宮内庁庁舎である。宮中の伝統と権威の象徴とも言えるこの洋風建築は、昭和10年に建てられ、現在でもその中はまるでタイムスリップしたかのような歴史を感じさせる空間となっている。
「あれほど嫌だって言ったじゃないですか!」
普段から静けさに包まれているこの庁舎の中で、ある職員の怒号が響き渡った。定期異動の直前、昨年春の出来事である。
宮内庁関係者が話す。
「皆が驚くほどの大きな声でしたから噂になりました。この職員は、以前にも秋篠宮家で勤務した経験のある者なのですが、再び秋篠宮家への異動の内示を受けたのです。彼に聞いた職員によれば、『事前に打診があった際にはキッパリと断った』のに、内示を受けて、『話が違う』と上司に食ってかかったそうです。でも結局、内示は覆らなかった。ただ、気持ちはわからないでもありません。過酷だというのは、みんな何となく知っていますから

6月29日、秋篠宮ご夫妻は、22回目の結婚記念日を迎えられる。ご家庭は円満そのものといったご様子で、長女の眞子さまはスコットランドへの短期留学が決まり、来年から佳子さまは大学生に、悠仁さまも小学生になられる。
「悠仁さまは21日、幼稚園の恒例行事である親子でのジャガイモ掘りに、紀子さまとご一緒に参加されました。紀子さまは登山用の大きなリュックを背負われ、ジャガイモをいっぱい持ち帰られたそうです」(皇室担当記者)

◆女子職員を強い口調でお説教

いまだ“途絶状態”の皇太子ご夫妻に比して、秋篠宮ご夫妻は天皇皇后とも非常に密にコミュニケーションを取られている。
「陛下は今月中旬に検査を受けられました。心臓手術の経過が非常に良い、という診断結果に皆ホッとしています。しょっちゅう参内されて両陛下を支えられている秋篠宮ご夫妻は、結婚記念日の直前の週末にも、悠仁さまを連れて参内され、ご昼餐をご一緒されました」(千代田関係者)
だが、順風満帆に見える秋篠宮家にあって“心配のタネ”は、職員の不安定な人事である。
秋篠宮家の職員の定員は、現在16名。それに加えて他部署との兼任職員が3名いるが、この小さな所帯にも拘わらず、10年の間に10人以上の職員が交代しているのである。
かつて宮家に務めたある職員が、当時を振り返る。
「宮内庁の中でも、特に大変な職場だと思います。もう勘弁ですね。半ばノイローゼのようになって退かせて頂いた職員もいましたよ。秋篠宮家では、両殿下と職員の距離が近く、直接お叱りを受けることも多い。以前、妃殿下が女子職員に向かって『あなた、自己中ね!』と強い口調でお説教されたことがあり、庁内でも話題になった。ある人は『ご会見では、あんなに優雅に微笑みを浮かべてゆったり振る舞われているけど、ところがどっこい家の中ではニコニコなんてしない』と洩らしていました」
また、かつて秋篠宮家に事務職として仕えていた職員の一人はこう言う。
「秋篠宮家は職員の間では“ご難場”とも言われています。できることなら避けたい職場だというのが正直なところ。辞める職員が多いのは、仕事量が多くて大変だからでしょう。
同じ宮家でも、例えば陛下の弟君であられる常陸宮家は、お子さまがいらっしゃらないため人数も少なく、両殿下のお人柄も含めて、お務めしやすいと評判です

実は、つい最近も、あるベテラン職員が秋篠宮家を去った。秋篠宮家の事情に詳しい関係者が語る。
「4月末に、秋篠宮家に10年ほど仕えていた料理人が退職してしまったのです。定年までしばらく間があって、中学生ぐらいのお子さんもいらっしゃったはず。もともと殿下のご友人の紹介で、務めるようになったそうですが…」
秋篠宮家の料理人は宮内庁大膳課の職員ではなく、宮家の技官として雇われているスタッフである。
「大膳課は両陛下と皇太子ご夫妻のためのお料理を担当する部署ですが、秋篠宮家の担当の大膳課職員というのはいません」(別の宮内庁関係者)
大膳課は五つに分かれている。一係が和食、二係が洋食、三係が和菓子、四係がパンと洋菓子。ここまでが天皇皇后のお食事を担当し、五係が東宮の担当だ。
「秋篠宮家の場合、一人の料理人が和洋中に限らず、何でもできなければいけないのです」(同前)
かつてはこんな事もあった。子供たちの食事に気を遣う紀子さまは、食材に関しても吟味なさるというが、
「ある日、『(普段の業者から)安くて新鮮な魚が手に入らないのであれば、築地で買えばよいのではないですか』と仰り、実際に当番の料理人が築地市場まで出向いたそうです。こうして毎日、五人家族の三食分を用意するわけですから、かなりのハードワークであったことは想像に難くありません」(同前)
小誌では、退職した料理人に取材を試みたが、頑なに口を閉ざすばかりだった。

庁内でも“過酷すぎる職場”と囁かれる秋篠宮家。
「それは昔からのこと」
だと別の千代田関係者は話す。
「紀子さまは一生懸命になさりすぎ…なんて言ったらいけないが、そういった妃殿下の熱意が、職員にとって負担になっている部分はあるでしょう。紀子さまは『人使いが荒い』という話も聞こえてきます。
ただ、環境が整っていないという側面も大きいのです。例えば、本庁で両陛下のための急な買い物の必要があったら、官車がすぐに手配されて、職員がそれに乗って皇居近くのデパートにサッと行くことができますが、秋篠さまのところは、女性職員が自転車をこいで買い物に行く。紀子さまのご所望ならば、夜の真っ暗な中でも行かなければいけませんが、赤坂御用地の周辺にはちょっとした買い物を済ませられるスーパーもありませんから」

◆「もう精神的に限界だ」

そして、この千代田関係者はこう続けるのだ。
「ただ…紀子さまが少しお厳しいということもあるのでしょうが、飯島さんのこともあった。あっちもこっちもぐちゃぐちゃだった
飯島さんとは、08年頃まで宮家の切り盛りを長いこと任された飯島蘭子元侍女長のこと。
侍女長は“オク”と呼ばれるプライベートを一手に取り仕切る。飯島氏は秋篠宮ご夫妻からの信任も厚く、
「たいへんな貫禄のある女性で、アメリカ初の女性国務長官だったマデレーン・オルブライト氏と雰囲気がそっくり。予算管理が厳しく、職員たちは再三再四、『あるもので済ませて下さい』とお説教されていた」(前出・元宮家職員)
なんでも頭ごなしに命じる飯島氏には、話しかけるのも憚れるよなオーラが漂っていたという、
「本庁の優秀な女性職員が、秋篠宮家に引き抜かれたことがありましたが、周囲はよく分かっているから、『本当に良いのか』と慎重に確認したそうです。それでもご本人が『是非、あの可愛らしい眞子さまと佳子さまのお側でお仕えしたい』という強い意向で、結局、秋篠宮家の侍女長補というポストに収まった。
ただ、宮家では飯島さんにだいぶ厳しくやられたらしい。結局、『もう精神的に限界だ』ということで、辞めてしまわれたそうです。
ところがその後、当の飯島さんも心身のバランスを崩して、10年以上務めた侍女長を辞められたのです」(前出・千代田関係者)

その後の侍女長人事は混迷を極めた。09年に就任した前侍女長は、首相官邸の古川貞二郎官房副長官(当時)のもとで働いた経験もあり、「参事官室に長くいらっしゃり、非常に真面目な方だった」(古川氏)が、体調を崩し就任直後から勤務ができず、秋篠宮家を去った。その後、しばらく侍女長のポストは実質的に空席だったという。
誰もやりたがりませんよ。現在の侍女長の山崎敦子さんも、就任に関しては『2年間なら』と異例の期限付きでの人事だったそうです。今年の年末には約束の2年が経つ。後任の人選は難航するかもしれません」(宮内庁担当記者)

秋篠宮家の不安定な人事について、元宮内庁職員の山下晋司氏が解説する。
「秋篠宮家は、法律上は一宮家ですが、“事実上の内廷皇族”と言えます。三方をお支えする東宮職に50名以上の職員がいるのに対し、ご家族が五方いらっしゃる秋篠宮家に20人弱では、職員一人あたりの仕事が膨大になる。さらに、秋篠宮家に支払われる皇族費は年間6100万円。ここから私的使用人の人件費や食費に加えて、洋服や教育費も捻出されるわけですから、予算的にも厳しい状況にあります」
職員たちが低予算と激務に身を粉にする一方、まったく異なる肩書で宮家に出入りする“キャリア官僚組”もいる。その一人が宮内庁御用掛である近藤茂夫氏だ。
近藤氏は旧建設省出身。国土庁事務次官、初代内閣広報官、フィンランド大使などを歴任し、07年から御用掛に就任している。先日も、秋篠宮ご夫妻のウガンダご訪問(6月11日~17日)に随行した。
「近藤氏は、中曽根康弘政権時代の副総理だった金丸信氏の秘書官。金丸氏の懐刀のような存在でした。
ただ、上司に忠義を尽くし過ぎるきらいがあり、記者連中からは“白ゴマ”というあだ名をつけられています。理由は、白髪で“ゴマすり”がうまいから。内閣広報官当時は森政権の末期で、官邸サイドとメディアの関係が険悪になっていましたが、官房長官の会見場に陣取って、報道陣に『そんな質問はおかしい!』と野次っていたこともあり、啞然としました」(政治部記者)

◆東宮と筆頭宮家の格の違い

また、旧自治省で官僚人生をスタートして、消防庁長官、長野県副知事などの華々しい経歴をもつ板倉敏和氏も昨年末、宮内庁御用掛に就任している。入省同期だった元官僚が語る。
「板倉さんは、もともと福島藩主だった板倉家に婿入りしたんだ。真面目な人ですよ。昨年の暮れあたりから御用掛として秋篠宮家に出入りしていると本人から聞きました」
さらには、小誌が「秋篠宮家に雇われた東大卒経産省スーパーキャリアウーマン」(2月2日号)と報じた谷みどり氏も、経産省に籍を置きながら09年から内閣府事務官(宮務主管付)として、昨年は秋篠宮ご夫妻の被災地訪問に随行し、眞子さまの伊勢神宮参拝の随行員も務めた。
官僚として超一流のキャリアを積んだ彼らが、なぜ揃いも揃って秋篠宮家に集っているのだろうか。
皇室ジャーナリストが解説する。
実務上の必要性というより、両殿下は筆頭宮家としての“格”に見合った陣容を求めておられるのではないでしょうか。
たとえば、秋篠宮家には宮務官と侍女長という二人の特別職の国家公務員が置かれていますが、東宮職には東宮大夫を筆頭に10名以上の特別職がいます。しかも、宮務官が課長補佐から課長クラスであるのに対して、東宮大夫は在外公館の大使経験者などが就く、事務次官に近い役職。どうしても重みが違ってくる」
ただ、そうした優秀な“ブレーン”が多く集まっても、日常の実務を任されるのは宮家の諸君たちである。兼任などの“裏ワザ”で人員を増やすのにも限界がある。将来の天皇である悠仁さまをお育てになる宮家として、相応の組織作りが必要なのではないだろうか。

(記事終わり)

上記記事はかなり詳細で、秋篠宮家に仕えた職員たちの苦悩の悲鳴が聞こえてくる臨場感あふれる内容となっています。
「あなた自己中ね!」という紀子妃の言葉が象徴的ですが、いや、自己中なのは貴女も同じではないですか?と言いたくなるような酷い環境だとつくづく思います。真夜中でも職員を買い物に行かせる、築地まで足を運ばせて新鮮で安い食材を買わせるなど、紀子妃もかなりの「自己中」だとしか思えないのですが。

それに紀子妃は公の場でのにこやかな態度と、職員に接する時の「裏の顔」に違いがあり過ぎるという点も興味深いです。紀子妃ご自身は公のにこやかな顔で周囲をごまかしているつもりかもしれません。しかし、ここ数年の紀子妃の“笑顔”は、笑っているのにどこか怖さを感じさせる不気味なものになっていると感じるようになりました。どれだけ公の場で笑顔を取り繕っても、心の奥底にある不平不満を消すことはできていない印象を受けます。

上記文春記事では、秋篠宮家が創設されるまでは筆頭宮家のお立場だった常陸宮ご夫妻との比較を挙げていますね。
「お子様がいない・ご一家の人数が少ない」という点は置いておくとして、「両殿下(常陸宮ご夫妻)のお人柄も含めて働きやすい環境」と書かれていることが重要です。
どんなに忙しい職場でもやることが多くても、その家の「ご主人(当主)」のお人柄が良くて職員に対する労いがきちんとされている職場なら、職員は「今日も大変だったけど、また明日もがんばろう」という気持ちになれると思うのです。
常陸宮ご夫妻は職員に対するフォローがきちんとなされているのでしょう。

一方で、現筆頭宮家の秋篠宮家にはそういうフォローが全くないことが職員を追い詰め、苦しめていると考えます。

そして上記文春記事は最後の方で重要なことに言及しています。

「実務上の必要性というより、両殿下は筆頭宮家としての“格”に見合った陣容を求めている」

という箇所です。この点は見逃すことができません。

結局、秋篠宮家は実務上でそんなに(優秀な)職員が必要というわけではないのだと思います。
ただ、常に東宮家と張り合い、東宮家と自分たちを比較しては不平不満を抱き、東宮家に並ぶような「形式」を整えてくれということを要求しているにすぎないということです。

「公務が多くて大変だからもっと職員を増やしてもらえると有り難い」という理由ならまだ理解できる面もあります。
しかし本音は「東宮家は職員が多くてズルい!こっちは(山下晋司氏の言葉を借りるなら)“事実上の内廷皇族”だし“将来の天皇である悠仁さま”がいるのだから東宮家レベルに職員を増やして東宮家と同じに扱ってほしい!」ということなのでしょう。
しかし実際、秋篠宮家を東宮家と同格に扱うことなどできるはずがないのです。それが皇室の「序列」というものです。
だからその不平不満を、何も悪くない職員らにぶつけて憂さを晴らしているだけ。
山下晋司氏のような「秋篠宮家擁護発言」は、かえって反発を招くだけのように聞こえます。
まあ、皇族の実態やブラック・パワハラ状態を暴露する記事を書くに当たり、山下氏のような秋篠宮家擁護コメントも入れないと色々とマズいという判断が働いたのかもしれませんが。

そして、秋篠宮家のこういう「不平不満」をある程度受け入れざるを得ない状況になったのか、今上陛下の生前退位にあたり秋篠宮様を皇嗣扱いにすると同時に「皇嗣職」なる東宮職とほぼ同等の新たなポストを設け、秋篠宮家の職員を現在の東宮家並みに大幅に増やすという対策がとられると報じられています。
こうして数年前から週刊誌や懇意の人物(山下氏など)を使って「職員が少ないことへの不平不満」を垂れ流してきた甲斐がありましたね、と皮肉の一つも言いたくなります。


それにしても、紀子妃が悠仁様との遠足で「登山リュックいっぱいのジャガイモを持ち帰られた」というくだりには笑ってしまいました。
普通のリュックではなくて、登山リュックですよ。縦に長くて大きな、あの登山リュックです。
その中に「いっぱい」になるまでジャガイモを詰めて持ち帰るなんて、あまりにも“がっついている”というか、皇族の振る舞いとしてはかなり恥ずかしい話だと感じます。
そんなにたくさんのジャガイモを持ち帰ってどうするというのでしょうか。もし職員らに分け与えたのなら、そういうお話が記事中に出てくるはずです。しかしそういう話が出ていないということは…後はお察しということでしょうか。
職員に対する労いがほとんど聞かれない、むしろ職員を過酷な環境に置いている秋篠宮家にそういう美談を要求することは難しいかもしれません。
遠足でジャガイモをたくさん持ち帰らなければならないほど、秋篠宮家が明日の食材にも困っているという感じには見えないのですが。
こういうエピソード一つで、紀子妃の今までのお育ちの一端が見えてしまいます。
プロフィール

キリアキ管理人

Author:キリアキ管理人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR