FC2ブログ

当主不在の“ブラック宮家” その10~おもてなし精神ゼロ宮妃

自分でももうそろそろいい加減にしろと言いたくなるような秋篠宮妃のパワハラ・ブラック体質記事ですが、もうしばらくおつきあいくださいませ。
今回は雅子様と紀子妃を比較した内容の記事ですが、雅子様と敬宮愛子様の素敵エピソードも読める内容となっています。記事の年代が多少前後してしまっておりますがご容赦ください。

週刊文春2011年8月25日号
紀子さまの憂鬱、雅子さまのハツラツ
宮内庁職員が「秋篠宮家には異動したくない」。なぜ境遇に変化が…


「昨夏、週刊誌に悠仁さまのグラビアが掲載された際、紀子さまが皇宮警察に対して、『将来の天皇に何かあったらどうするのですか』と遺憾の意を伝えられ、所轄署も注意を受けました。お茶の水女子大学附属幼稚園の周辺は警備が厳重になり、通りがかりの主婦が遠くから見ているだけでも、両脇に警官が立ち、名前や住所を職務質問するほどです」(警察関係者)

紀子さまを支える側近の筆頭格ともいえる侍女長が退任した一件で、にわかに注目された秋篠宮家(週刊新潮8月11・18日号)。震災の影響で、3月に予定されていた悠仁さまの取材の機会はキャンセルになり、いまだに“皇族の七五三”と言われる「着袴の儀」の予定も決まっていない。
そういった事情もあるのか、宮内庁関係者から「紀子さまが、以前にもまして一つ一つのことに気を揉んでおられる」という声が洩れ聞こえてくる。
かつて秋篠宮付だった元職員はこう証言する。
「秋篠宮両殿下はとても気のつく方々ですから、ご要望も多いのです。例えば、過去の妃殿下は台所に立つということはほとんどなかったのですが、紀子妃殿下は御料牧場などから届けられた肉や卵の鮮度をご確認なさって『お願いしていたものと違います』と仰ったり、ご家族の誕生日の際に、招待する方の順番や、その際の手順に不手際があると後からご意見を述べられる。我々が良かれと思ってやったことが裏目に出てしまい、行き違いが生じることがあるのです
皇宮警察にも戸惑いの色があるという。前出・警察関係者はこう話す。
「(冒頭のように)悠仁さまのご通園時の警備体制については、とくに紀子さまの強いご憂慮が伝わってきます。最近では皇宮警察官が紀子妃殿下にお声をかけていただけず、自分に落ち度があるのではと考えてしまうことがあるそうです
また公務に関するご説明で秋篠宮家にうかがったことがあるという、ある中央省庁官僚は、
われわれ役人が宮邸にうかがうとき、各宮家ではこちらが恐縮してしまうほど丁寧にご対応くださいます。さすが『皇室のおもてなし』というか、たとえば、ご説明など仕事が一段落すると、まるで合図されているかのような絶妙の間でお茶とお菓子が出てくる。日本茶と和菓子だったり、紅茶と洋菓子だったり。ただ、秋篠宮家では、お茶をいただいた記憶がありません。もちろん些細なことなのですが…」

こういったことから垣間見える秋篠宮家のご様子について、皇室ジャーナリストはこう解説する。
問題はスタッフの規模が急激に大きくなり、人員のバランスが崩れていることなのです。侍女長の件もそういった環境の激変のなかで起きている。十年以上務めた調理師も退任しています。悠仁さまがお生まれになってから、看護師を増員するなど、職員が9名から15名に増えていますが、経験の無い新人も配置され、『秋篠宮家に新人を配属して大丈夫なのか』と関係者から声が上がったほどです
この規模拡大は、将来の天皇である悠仁さまのご成育環境を整えるため、一気に進められた。風岡典之宮内庁長官も国会答弁で「保育、看護に全力を挙げて取り組んでいきたい」と述べているが、悠仁さまがお生まれになった後には、秋篠宮家にご不便がないよう、施設の一部も改修されている。
「例えば那須御用邸では、本邸に両陛下、別邸に皇太子殿下というように序列に従い、宿泊する場所が分かれています。秋篠宮家は木造2階建ての供奉員(ぐぶいん)宿泊所にご宿泊ですが、建物も老朽化しているため数年前に改修しました。御料牧場内でも、天皇、皇太子は貴賓館にご宿泊ですが、秋篠宮さまはそこから300メートル先の外交団施設を改修され、ご宿泊されています。外交団接待が目的の場所ですが、宿泊されるのは秋篠宮ご一家だけです」(宮内庁関係者)
東宮には3人の家族に約50人の職員がいるのに対し、秋篠宮家は増えても5人の家族に15人しかおらず、予算や護衛の数にも大きな差がある。両殿下は、その中で皇位継承順位三位の悠仁さまを育てなければならない。

◆安堵を語られた雅子さま

それらの負担が、さらに職員のプレッシャーになってしまっているのか、
「宮内庁職員や皇宮警察の中に、『配属されるなら、秋篠宮家よりも東宮家のほうがいい』と洩らす人間が増えているのも事実です」(別の宮内庁関係者)
この夏、秋篠宮ご一家は両陛下とご静養先の軽井沢で合流されることが検討されている。前出・宮内庁関係者も「少しの間でも、ゆっくりお過ごし頂きたい」と願っているという。
一方、皇太子ご一家は被災地ご訪問が一段落し、愛子さまも夏休みを満喫されている。
「被災地への配慮から、今年は夏祭りの代わりに、お友達を招いて『子ども会』がありました。例年はジンギスカンや焼き鳥などの屋台や、ヨーヨー釣りなどのお楽しみもあるのですが、今年は室内での催しだったので、愛子さまはお友達とリズムに合わせて踊るゲームをなさっていました」(東宮職関係者)
子ども会は午後6時から催され、ケーキや焼きトウモロコシなども振る舞われた。雅子さまもお元気なご様子だったという。
被災地をお見舞いされた際、妃殿下は職員に『私が行って涙を流して喜んで下さる方がいるのですね』と安堵と、喜びを語られたそうです。8月11日、那須ご静養で東京駅を発つ雅子さまのご様子は、被災地をお見舞いされる際と比較して、とてもリラックスされてお元気そうでした」(前出・皇室ジャーナリスト)
元気の源は愛子さまの成績表をご覧になったせいもあるかもしれない。
いくつかの科目では五段階評価で一番良い『5』を取られたそうです。一クラス約30人のうち、相対評価のため各科目で5を取れるのは8人前後。日頃の雅子さまのご教育の成果でしょう」(学習院関係者)
愛子さまは終業式後、週末は2週連続で皇太子お付き添いのもと、ミュージカルやクラシックを鑑賞された。ご静養へ出発される当日の午前中は、学習院女子大学で希望者が参加する「イングリッシュ・セミナー」にご参加されていた。
愛子さまの学年では20人弱しか参加していない、かなり少人数制のセミナーで、おもに雅子さまがご一緒されていました。愛子さまは学習院女子大学のネイティブの先生と日本人の先生に英会話などを習ったそうです」(同前)
東宮ご一家は9月1日まで那須でご静養される。

(記事終わり)

相変わらず秋篠宮家に同情・擁護するようなおかしな箇所もありますが、記事が東宮ご一家の良いお話でしめられていて良いと思いました。夏休み中もお勉強を真面目になさっている努力家の敬宮愛子様、そして敬宮様の学業やご成長に常に寄り添い、被災者からも涙を流すほど歓迎される皇太子妃殿下雅子様。紀子妃のイライラ、ギスギスした日常とは実に対照的で好印象ですね。私はまだ皇太子ご一家に直にお会いできたことはありませんが、もし皇太子ご一家にお会いできたらおそらく私も涙を我慢することができなくなると思います。皇太子ご一家には“癒しのお力”があると感じるのです。

一方、紀子妃は秋篠宮邸に客人があっても、絶対にお茶やお菓子でおもてなしをしないとのこと。これは皇族・妃というより、一人の人間として「今までこの方はどういう生き方をしてきたのか?」と疑いたくなるような問題だと思います。客人をもてなすということは「お金がある・ない」ではなく、人間性に関わることです。
おそらく紀子妃(もちろんこれは当主の秋篠宮様の責任でもある)は、「どうして皇族の私たちがただの民間人(庶民)にお茶なんか出してやらないといけないわけ?皇族なんだから下々の人間なんて適当にあしらってさっさと帰せばいいのよ」と思ってるような感じに見えます。あるいは、川嶋家に客人をもてなすという習慣がまったくなかった可能性もあります。
いずれにせよ、秋篠宮様はどうしてこのような育ちの悪い女性を妃に迎えてしまったのか…と、今でも腹立たしくなります。

そして上記記事には、これまでのブラック宮家記事と多少の齟齬を感じざるをえない内容が書かれています。それは
「悠仁様が生まれてから、秋篠宮家のスタッフの規模が急激に大きくなっている」
「悠仁様が生まれてから、秋篠宮家のために色々な施設が改修されている」

という部分です。
紀子妃は常に東宮家とご自分たちを比較して、予算が足りないだの職員が少ないだの不平不満を述べられていました。ところが実際は2011年の時点(あるいはそれよりもっと前から)で、「悠仁様の存在」を理由にして職員数も大幅に増え、秋篠宮家が利用する施設も色々と改修されていたのです。
ここまで気を遣われていながら、なお紀子妃は飽き足らず「もっと予算を増やせ」「東宮家と同じようにしろ」「新人なんかじゃダメだからベテランのキャリアを派遣しろ」などとゴネてきたということになります。
いくら筆頭とはいえただの宮家がここまで気を遣われた例は過去にないでしょう。

何度も申し上げますが、いくら次代で秋篠宮様を「皇嗣」扱いにして職員を増やしても、秋篠宮家に行きたがる人は誰もいないのです(上記記事にも「東宮家に行きたい、秋篠宮家は嫌だ」と思う職員が多いと書かれています)。
このような状況は宮内庁が一番よくわかっているはずなのに、どうやって職員を増やして秋篠宮家に派遣するつもりでしょうか。
それこそ無理やり、有無を言わさず、一定の期間を設けて交代で「罰ゲーム」を受けにいくような感じで?
一般的な宮内庁職員に行き先の選択の自由がないのは致し方ないことでしょうが、これではパワハラ・ブラック状態は改善されないような気がします。
人数が増えれば、嫌なこと・苦痛なことを大勢でシェアできて一人一人の負担が軽くなるかもしれないと甘く見ているようにも思えます。紀子妃の人間性、当主である秋篠宮様の無責任さに大きな原因がある以上、事はそう単純に運ばないだろうと予想します。

しかし紀子妃がご長男のことを「ショウライノテンノウ」と言い放つところは、何度見ても傲慢過ぎて不愉快になります。
秋篠宮様と悠仁様の皇位継承権はあくまでも暫定のものにすぎず、典範改正があればいつでも、天皇直系で東宮家長子の敬宮愛子様よりも順位が下がることを甘受しなければならない不確定な地位にすぎません。
sidetitleプロフィールsidetitle

キリアキ管理人

Author:キリアキ管理人
今上陛下の生前退位に伴い、国民の理解や同意が得られないまま「秋篠宮様を“皇嗣”(継承順位1位の皇族)として皇太子に準じる扱いにし、支給される皇族費もこれまでの3倍に増やす」ということも一緒に勝手に決められてしまいました。
この問題に危機感を持ち「あらゆる方面から見ても秋篠宮様は皇嗣にふさわしくない方である」ということを、過去の雑誌記事の引用(原則全文)により検証することを目的としたブログです。2020年に予定されている「秋篠宮立皇嗣の礼」に一石を投じたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR